安全・安心な移動を支援する自動運転デモンストレーション
(SBドライブ株式会社、先進モビリティ株式会社)

概要

交通事故につながる不注意や無謀運転の背景には、ドライバーの高齢化や人やモノの輸送に対する人手不足などの社会的な課題があります。
本デモンストレーションでは、すべての人々が自由に、いつでも行きたい場所へと安全な移動を可能とする自動運転技術について、自動運転バスを用いた体験走行を行います。

  • 自動運転技術がアジア太平洋における実社会に普及していくために必要なことはなにか?
    どういう場面に適用していくことが望まれ、それを実現するには何を取り組むべきであるかなどを考えるきっかけを生むことを期待し、福岡空港の国際線⇔国内線連絡バスの運行コースにおいて、レベル3での自動運転走行を行います。
  • デモンストレーションは、自動運転技術を活用し、新しいモビリティサービスの実現を目指すSBドライブ株式会社と自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ株式会社が行います。


自動運転車両

使用するバスは、乗車定員22名の一般的な小型バスであり、このバスに「自動操舵装置」、「自動ブレーキ制御装置」、「準天頂衛星受信機」、「ライダー」、「走行制御ECU」の機器を搭載することで自動運転バスとして運用します。

デモンストレーションの走行予定路

福岡空港の「国際線⇔国内線 連絡バス」の一部区間を自動走行区間としてデモンストレーションを行います。自動運転による安全性、乗り心地を体験してみて下さい。(所要時間約30分、1便当たりの試乗者6名)


走行ルート図(案)

※デモは安全優先で実施するため、手動運転に切り替えて運転することがあります。
※場合によっては、中止となることがあります。

体験試乗申し込み方法

会議登録者優先で、大会ホームページの受付フォームから受付予定です。
また、当日に空きがあれば、会場デモンストレーションデスクにて受付ます。(体験試乗には、申し込み誓約書への署名が必要です)

協力

福岡県

SBドライブ株式会社

先進モビリティ株式会社

西日本鉄道株式会社

© The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018. All Rights Reserved.